<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< no title | main | ああ、自由をたのしんでいるんだね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
何が一番なのか。
今日は急遽昨日誘われて、
映画を見に行きました。
とりあえず原宿に昼間行き、
店を見ながらぶらぶら。
お金がないので指をくわえてはなよとゆうこの買い物を見てました。
相変わらず原宿はすげぇ人。
はんじろうをもっと見たかったな。

その後は錦糸町へ。
最近はモールとかできまくりでなかなかすごい町らしい。
そのモールの中にあるTOHOシネマズで見ました。
はじまんのが遅くって、
18時50分からとか。
それまでは店を見たり、
ご飯食べたりしました。


ちょこっとネタばらしちゃう映画の話。

ナイロビの蜂

見たのはナイロビの蜂。
アフリカの人々の命が、
先進国企業によって軽々しく奪われ、
隠蔽される事実に立ち向かい、
殺された女性。
その夫が彼女の死の真相を追い、
事実を目の当たりにしていく映画。


あんまし内容には関係ないけど、
アフリカと、
日本との文化の差をほんとに目の当たりにし、
あらためて認識させられたような気がした。
映像はとてもドキュメンタリーのような撮り方をされてたから、
リアリティがあった。
アフリカの人々はあれだけの人口がありながら、
教育を受けることのできない人が圧倒的に多いのだろう。
きっと、
みんなが教育を受けたら、
その中から偉大な人物が生まれるかもしれないのに・・・

でも教育を受けるチャンスは与えるべきなのだろうか?
これは当たり前に教育を受ける機会を与えられている人間のエゴかもしれないけど。
そういう文化、
そういう場所なら、
そのままでもいいのかもしれないし、
そのままがいいのかもしれない、
とも思う。



これはほんとに自分でも正しいと思って言ってるわけじゃないし、
すごく残酷な話かもしれないけど、
世界中がみんな平和で、
日本みたいに80歳まで生きるのが当たり前の国ばかりになったら、
世界は人口超過でパンクしてしまうかもしれない。
むしろそれはありえないのかも。
世界中がそうなったら、
例えば食料が不足。
物価のとんでもない上昇。
エネルギーも不足することになる。
今超大国の中国がエネルギーをどんどん欲しているみたいに、
アフリカもエネルギーをどんどん欲するようになるだろう。
ある意味、
病気、紛争で死んでいく人がいるから、
世界の人口は増えすぎないですんでいるのかも。



なんて書いててすごく怖い。
怖い怖い。
こんなの健康な人のエゴだ。



きっとこれもバランスなんだ。
一箇所であまりに多くの人が死んでしまう環境が集中しすぎている。
これがいけないのかな。


わかんない。

こわいや。
どうしたらみんな幸せになれるんだろう。
* comments(2) * trackbacks(0) * 映画
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
それは、本当だね。世界が全部日本みたいだったら、パンクしちゃうっていうのは。
考えたくないことだけど。

世界の中の格差は、信じられないほどで。
なのに、普通に日常を暮らして、このカバンかわいい、買っちゃおうかな、なんて思ってる自分が怖いよ。

せめて、子どもたちだけでも救えたらと思う。
子どもはとても弱い。
辛いしわよせはみんな弱いものにくる。
せめて、二十歳になるまで生かせてあげたい。
せめて、「学校が好きなの」って言ってる子たちが皆読み書きが習えたらいい。
能力のある子はもっともっと。

本当は私、海外青年協力隊になってどこかに助けに行きたかったんだ。
それが密かな夢だった。

時々、すごく罪のような気がするよ。
毎日何の不自由もなく生きてることが。


ごめん…長くなっちゃった>w<
* 夕星 * 2006/06/05 12:05 AM *
すっごい難しい問題だと思う。
答えはそう簡単に見出せないし、
ひょっとしたらないのかも。

でも、
アフリカとかは結局大国の勝手な線引きでものすごく被害を被っているし、
大国の干渉がなければ、
今とだいぶ違う運命をたどっていたと思う。
その責任を果たす必要はあるんだよねきっと。



でもきっと本当はそんな大きなことも大事だけど、
実際は単純に、
目の前に困っている人がいたら助けたい。
そう思うんだよね。
人は。


夢だった、
なんていうには若すぎるよ、
ゆうちゃん 笑
うちらまだ21なんだよ。
まだ「夢」だよ。
いい夢だね。
かなうといい。

うちらが今何不自由なく暮らしているのは、
きっと将来そういう人たちを助けられるように。
だと思いたい。
そして今でもきっとできることはあるはず。

きっと日本の人たちがものすごくいろいろ我慢したら、
何億人もの人たちが救われるのかもしれない。
でも現実はそんなに甘くないよね。
一回手に入れた暮らしは、
そこに適応してしまったら手放せないものだし、
それから急に離れたら社会は崩壊してしまうかも。
それはそれでまた不幸な人を生み出してしまうわけだし。


あああ
なんかなに言ってるのかわかんなくなってきた 笑


何か、
できることをできるようになればいいよね。
* ゆずこ * 2006/06/05 12:24 AM *
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://yuzukko.jugem.jp/trackback/146
トラックバック