<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 思い出したな。 | main | わたし、この街からでてゆくっ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
私が
わたしがもし、
すべてを切り離してしまうことができていたなら、
だれも傷つかずにすんだだろう。
全部全部、
わたしがあきらめていれば。

そしたら、
そしたら。

あやまるだけしかできなくて。
何もはなせなかった。
何をはなしたって、
何も解決しないだろう。

彼女を泣かせたのは、
わたしなのだから、
わたしは苦しまなければならない。


どうしたら、
どうしたら、
つぐなえるんだろ?


どうして、
人を傷つけなきゃ、
いきていけないんだろうか。
* comments(0) * trackbacks(0) * -
スポンサーサイト
* - * - * -
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://yuzukko.jugem.jp/trackback/519
トラックバック